面接官はこんな俺
新卒採用、キャリア採用「面接官はこんな俺」!面接官の裏の裏まで見せちゃうブログです。面接官も所詮人間です☆面接に行かれるあなた!特に転職される方はまずは一読。何かのお役に立てると思います!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
面接で大きな質問をしてみたら・・・
今日は22歳の第二新卒の男性。
第二新卒というのは幅広すぎますね。
今年の三月で大学を卒業された方です。就職活動を頑張っていたらしいのですが
、どの企業からも内定もらえなかったとのこと。

面接開始後、そんな就活のたわいもない話から入って五分くらい話た後、



俺 「それでは改めて、簡単に自己紹介をお願いいたします。」


相手「え、えっと、(汗)自己紹介ですか?えーっと・・・」


沈黙


沈黙


沈黙




相手「あの、えっと、何を喋ればいいですか?」


俺 「いや、あの、だから自己紹介。。。」


相手「趣味とか話せばいいですか?」


俺 「はい、まぁ、自分の紹介だから自由に話してもらったらいいですよ。」


相手「●●大学の◯◯です。趣味は近所を散歩することです・・・あっと・・えー・・・」


沈黙


沈黙


沈黙


俺 「ありがとうございました。。。」




俺は面接の時、最初あまり相手のことが分からなくてお互い緊張気味のときは、とにかく会話を弾ませて「打ち解ける」というか「慣れる」ことが必要なので、質問する内容をできるだけ回答しやすい質問で投げかけます。
例えば、

「高校時代の部活はサッカーって言ってたけど、めっちゃしんどいスポーツよねえ?」当然しんどいから答えはイエス+そうなんです的な自分の感想

「アルバイトはファミリーレストランのホール担当って笑顔が大事よね?」当然大事だから答えはイエス+そうなんです的な自分の感想


みたいな感じで、ほぼ同調すれば会話できるレベルの質問を投げます。これを俺は「小さな質問」と呼んでいます。

で、だんだん質問レベルを上げていくわけですが、レベルを上げると言っても難しいことを聞く訳ではなく、質問の意図を汲みとるのが難しい言い回しや、自分で自由に回答を組み立てないと回答できない質問の仕方にしていきます。

例えば、

「どんな高校生だったの?」 → 勉強の成績や学校での役割、部活動、課外活動、友達との遊びなど、自分で回答を組み立てないと回答できない。

とまあこんな感じです。これを俺は「大きな質問」と呼んでいます。
大きな質問をするのは意図があります。社会では色んな人から、こんなよくわからないモヤっとした質問を受けることがあります。しかもザラにあるわけで、そんなときに臨機応変に話の内容を組み立てて喋ることができるかを試しています。「は?」みたいなリアクションだったり、明らかに何を聞いてるんだろう?みたいなリアクションだったり、何が聞きたいのか細かく逆質問をしてきたりと、色んなリアクションがあるわけですが、

今回面接にこられた方はちょっと極端ですが、おそらく今までの人生において、周囲の人がすごく親切だったのでしょう。

理不尽な人と付き合っていると、こんな会話力も付いてくると思います。(ちょっと無茶なオチやな(苦笑))


【面接に行かれる方に一言】


大きな質問に対応できるようになろう!



俺の先輩は大きな質問ばかり。。たまには小さな質問をしてほしいよ。。スーパー面接官への道のりはまだまだ続く・・・・。



ブログランキングに参加しております。
一票お願いします。↓クリック!



もいっちょお願いします。↓クリック!
人気ブログランキングへ


こっちにも登録してますのでご協力を↓クリック!
ブログランキング【くつろぐ】

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:転職活動 - ジャンル:就職・お仕事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mensetsukan.blog82.fc2.com/tb.php/93-f16fd4a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。